昭栄自動車株式会社 社長のぶっちゃけblog

このblogは、長くこの業界に携わり 教えて頂いた事、経験した事、勉強した事を踏まえ、本当にするべき事を目指し 事業者として消費者に向き合い、消費者の皆さんにも知って頂きたい事を、事業者視点から 一度消費者目線で考え、そして事業者として公開したいと考えているblogです。

東京都小平市にある 小さな車の修理工場 昭栄自動車株式会社の社長のブログです。
弊社では基本理念として、自社の利益を追求するのでは無く「お客様のメリットを最重要と考え、お客様に不利益となる事の無い様(お客様に出来る限りのメリットをご提供出来る様)に」を 常に考え、お客様が笑顔で帰れる事を目指し、取り組んでいます。
自動車関連で疑問に思った事は何でも聞いて下さい、出来る限り分かり易くお答え致します。

【本業の修理について】
弊社では、修理依頼者であるお客様としっかり打ち合わせをさせて頂き、ご希望に沿った内容で修理する契約をさせて頂きます。
そして、皆さんが笑顔でご帰宅出来るように頑張って修理させて頂きます。

弊社の基準は、修理希望者、修理依頼者の意向です。
第三者の意見や介入は排除しています。
特に修理契約第三者の『保険会社/損害調査会社』が弊社とお客様との修理契約に介入し、修理内容など交渉してくる事は、一切お断りしております。
また、修理工場は保険契約第三者ですから、保険金算定に関わる事は出来ませんので、保険会社に「幾ら保険金を出して欲しい」などの交渉事は出来ません、ご理解ください。

【お客様の保険金請求について】
お客様が保険金請求を希望される場合に、保険会社(アジャスターや物損事故調査員)が算定した保険金額は、保険契約が基準となります、弊社の修理提案の金額とは趣旨が異なりますので同額になる事はございません。

現在の殆どの自動車保険契約では、被保険者が被った損害に対してそれを担保(補う)する事を契約していると思われます。
これは”修理事実”に対して支払われると言う事では無く、損害の事実に対して支払われるものと考えます。

現在の殆どの自動車保険は、被保険者が被った損害の事実を、保険会社のアジャスター又は物損事故調査員が事故調査、そして整合性と言われる事故に起因した損害であるかどうかを調査した上で、過去の裁判の判例を適正水準として、現時点での再調達価格を基準に査定を行い算定されたものを、保険金額として保険金請求者に提示していると考えます。

弊社の修理提案は、修理希望者の希望・要望に合わせた状態にするために、必要とする作業を、安全に行い、必要な部品を無駄なく使用する事を踏まえ、適正に行うための内容を国家車体整備士資格者がご提案していますので、保険金額の算定基準と修理提案は当然に違うものになります。

なお、保険契約には「修理を行い、実際に掛かった代金を保険金として支払います」とは書かれていません。

そもそも【保険金や加害者から受け取る賠償金(示談金)は、保険金請求者が被った財産への損害に対する担保(補う)ですから、修理事実の有無には関係が無く、「修理しなければ損害が無かった」という事にはなりません。】従って修理しなくても担保されて当然です。

保険金請求予定の方は、保険会社より保険金額を提示して貰いましょう。
保険金請求を行うと、次回の保険料が「事故有り料率適用」となり、保険料が相当額値上がりますので、受け取れる保険金額が解らなければ、保険金請求を決定する事が出来ません。
保険金額が解らなければ、修理予算を立てる事も出来ません。


保険会社は過去の判例を基にした「裁判水準」で保険金を算定されますが、見落としなども有るかも知れません(大概が未分解の想像見積もりです)保険金が提示されましたら、その内容になった根拠と、それが適正保険金であるとの証明を、調査担当者とそれを認めた保険会社の担当者の自筆署名か捺印された証明書で貰いましょう。


最後に。
受け取った保険金の使い道は保険金請求者の自由です。
買い換えの一部に充てても、事故とは別の部分の修理に充てても、ドレスアップ、コーティングなどに充てても良いでしょう。もちろん修理しないことも出来ます。
修理しなくても損害は発生しているのですから契約上担保されるはずです。

-PR-

昭栄自動車では、新車・中古車販売、鈑金塗装、車検、ナビやドライブレコーダー、ETCの販売・取り付け、廃車 不要車の買取も行っています。
車の買い換え時に査定費用や下取り費用などで、マイナス査定になってしまう時にはどうぞ弊社に車をお売り下さい。

2012年10月始期以降の自動車保険契約の場合、保険金を受け取った時点で、次回の保険料率が「事故有係数」と呼ばれる デメリット保険料率による保険料値上げになります。
飛び石や悪戯キズなどの等級据え置きも無くなる契約も多いです。

平均的には、損害額20万位までの場合、保険金請求による保険料の値上がりを踏まえると、保険金を請求しない(自費で修理)する方が出費を抑えられる場合が増えましたので、まずは保険料が幾ら値上がるのか、修理費は幾らなのか、保険金は幾らになるのか。ここを確認しないと損する事がありますので注意が必要です。

昭栄自動車株式会社では、修理出来る物は修理して、交換の場合も出来る限りリサイクルパーツを利用するなど、出来る限りお客様のデメリットを少なくする努力をしています。

皆様の笑顔と共に 昭栄自動車株式会社   ◆不許複製◆

新着一覧

↑このページのトップヘ