車で事故に遭い 修理する時、修理工場で復帰診断してもらい、見積もりして貰いますよね。
それで修理工場とお客さん(消費者)で修理契約をします。

自動車保険で修理する事となった場合

修理工場と消費者間で修理契約が締結されているにもかかわらず、損害調査会社または損害保険会社が、既に締結されている修理契約に対して金額変更等を指示、強制することは、自由競争の阻害となります。

車両保険及び対物保険の場合も、直前復帰にかかる費用は、保険金であり修理代金では無いですね。
だって、「事故に遭った段階で保険金をお支払い致します」ってパンプットに書いてあったりしませんか?

損害範囲の認定がなされているにも関わらず、人または場所によって保険金額が変わってしまうということは、平等に保険金が支払われていないということである。

ディーラー用 一般工場用レバーレートなどを設ける事は、修理する人又は場所によって保険金額が変わってしまうということでは無いか?

また、上記の内容で行ってしまった場合、相手によって保険金が満額支払われていないということになる。

保険の宣伝で、販売している保険の内容が同じと言う表現は適切では無いですよね。
談合でもしていない限り同じサービスなんてあり得ないです。
従って、同じ保険内容で保険料が安いという表現も適切では無い。


また、事故が起きた時に、損害の確認をする第三者機関であるはずの損害調査会社を、保険会社は外注費を減らすために 合併または排除していくと言っていますが、そうなると 加害者及び被害者間の個人情報保護の観点からコンプライアンス違反となるのでは無いか?

保険会社は、コンプライアンス遵守よりも、自社の利益と株主に対する事にしか意識が行っていないようです。

保険を買う時には、「満額支払い出来ますか?」って聞いてから買いましょうね。


自分達に都合良く、消費者不在のままの保険金の支払いを行い続ける損保ってどうなんでしょう
http://www.kumaban.co.jp/news/