平成30年6月1日(金) 晴れ

こんにちは

今日も朝からバリバリがんばってます♪



さて、先程セカンドオピニオンのお客さん いらっしゃいました。

Dラーでありがちな、何でも交換させてしまおうと思われてしまう見積もり。

でも、実際車を見ると 交換と言われても仕方が無い部分もある。


ただ、何故 今 それが必要なのか

現時点の診察
可能性を考えた診断
先を見越した提案
最終的な判断

何一つ ユーザーが納得出来る説明が成されていなかった事が問題。
※ただし、お客さんから聞いたお話だけですが(^^;)


お客さんが疑問に思われた事には
丁寧に1つ1つ説明していけば、お客さんも判断が出来ます。


売る方から一方的に「OOしなければダメです」と言われても
お客さんが納得出来ないのも解ります。


結局、うちでも診察して Dラーの担当者が何を考えているのかを察して
どう言う意味合いでそう発したのかを、私なりに説明させて頂き

私基準ではどうなのかを含め説明させて頂きました。


結局今回は、一部を除き 殆どDラーさんの説明不足を補っただけになりましたw

お客さんは納得されたので、もう一度Dラーと話してみますと言う事でした。


売るための説明や説得では無く
ユーザー視点で見て 考えて 説明する事が大事です。



昭栄自動車株式会社 お勧めメニュー

愛車を綺麗で快適に保つためのお得なメニューです。







LINE