事故や事件が起こると 皆さん慌てて付けようとする
ドライブレコーダー!

人の振り見て我が振り・・・じゃ無くて

可能性を考えて 事が起きる前に対策する事も必要です。


少し前に起きた 逆突の事故

交差点で信号待ちしていた車
停止線を先頭に 2台目に停まっていた方が
1台目に停まっていた車に 逆突されました。


自車側「縦」の信号が青に変わり 1台目の車が進み
続いて2台目にいた車が進もうとした所(まだ進んでいません)
信号が変わったが 交差点に残っていた?車が進入して来て
1台目の車が突然後退して来た!
2台目の車は怖くなり停まったままいた所に
1台目が逆突して事故になった。

しかし、1台目の運転手は 自分はぶつけてないと言い張り
警察を呼ぶも 主張は変わらず
警察が周囲の防犯カメラを確認してくれたが
その位置を捉えているものが無かったため
証拠が無く 主張を覆す事が出来なかった!

1台目の車は自車に付保している保険会社へは連絡したが
その保険会社の示談担当者からは
2台目の方に対して「あなたがぶつけたかも知れないだろう!」という事を言われた。

こんな事故の当事者になる可能性は誰にも有ります。
今は「証拠」が全ての世の中です。

自己防衛のためにも 証拠保全のためにも ドライブレコーダーは有効です。

2019-10-01 09.33.34